メンバーズ

無いなら創る! 努力は決して裏切らない。

最近の座右の銘は 「Cool head,but warm heart.」

「挑戦」は私の人生に欠かせないもの お母ちゃんのチャレンジは続きます

お名前

ままの*えん 代表

小林 あゆみ

ライン
プロフィール
さいたま市在住。
11歳の長女、7歳の長男を育てる二児の母。さいたま市民11年目。
長野県長野市に生まれ、四姉妹の長女として料理人の両親に育てられる。
大学卒業後、某ゲーム会社に就職し、直営のゲームセンターの店長を経験。経営っぽいことをなんとなく学ぶ。
結婚と共に退職し、すぐに妊娠。専業主婦を7年経験する。
長女の子育て中は暗黒時代そのもの。暗ーい育児生活の後、長女1歳のときにさいたま市に転入。夢いっぱいだった「さいたまでの子育て生活」の現実を目の当たりにし「このもったいないお母さんたちを何とかしたい!」と2010年にままのえんを任意団体として立ち上げる。
その後、2011年に「コミュニティビジネス起業プランコンペ」にチャレンジ。優秀賞受賞をきっかけに2012年に「合同会社ままのえん」として法人化、今に至る。

  • facebook

my precious

毎日見ている子どもたちの背中

IMG_7248

自分で歩くようになり、荷物も自分で持つようになり、お出かけもずいぶん楽になりました。電車で車で、色々なところに出かけます。出かける先で知り合う「大人」とのやりとりも社会勉強の一つ。

実家は長野のうなぎ屋さん

花ぶき

四姉妹を育て上げた実家の両親が、自宅を改装して開いたうなぎ屋さん「花ぶき」。長野県長野市にあります。善光寺から徒歩5分。世界一おいしいよ! HPはこちら▶▶完全予約制です



one day

kobayashi_oneday

message

「仕事とプライベートは区切らない!」がモットー。仕事中に子どもたちのことが入ってくることがあれば、休日に仕事することもあり。
「経営者として当然!」と言われればそれまでですが、子どもたちには「働いているお母ちゃんの背中」を存分に見てもらえるようにしています。子育て中だからこその、型にハマらない柔軟な働き方を体現すべく、日々格闘中。

とはいえ、会社として4年が過ぎて、やっと「メリハリ」がつけられるようになりました。それは、子どもたちが二人とも小学校に上がったからかもしれません。家でパソコン開かないで居られる日が来るとは思っていませんでした(笑)!日々試行錯誤しながら、ありのままの自分でいられるように、家族にサポートしてもらいつつの毎日です。

そんな私の息抜きは・・・

1 子どもたちと出かけること
長距離運転もへっちゃら。興味のある場所、面白そうなところへは積極的に出かけます。

2 バレーボールをすること
高校から始めたバレーボール。歳と共にプレーはせこくなりますが(笑)、運動は大好き。

3 大好きなビールを飲むこと!!!
お酒大好き。ワイワイ楽しむのも大好き。晩酌は次の日への活力です。

_MG_0969_kirinuki-